海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードがあると安心

海外旅行に行く際に気になるのが、もし病気や怪我をしたときの治療費です。

日本とは違い海外では高額な治療費がかかることが多いです。

そんなときにあると安心なのが海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードです。

もし海外滞在中に病気や怪我をし、医療機関で治療を受けることになっても海外旅行傷害保険がカバーしてくれます。

クレジットカードの付帯保険には自動付帯と利用付帯とあります。

利用付帯では旅行代金の一部をクレジットカードで支払すると付帯される、自動付帯では持っているだけで付帯されると言う違いがあります。

利用付帯よりも自動付帯のクレジットカードのほうが便利です。

別途保険会社にて海外旅行保険に加入する手間は無いです。

海外旅行傷害保険の場合は自動付帯となるクレジットカードが多くなっています。

さらに医療費キャッシュレスサービスの付いているクレジットカードが多くなっており高額な治療費がかかってもいったん現地通貨払いやクレジットカード払いしなくて済みます。

その代わりにクレジットカード付帯の海外旅行傷害保険だと保険期間が比較的短いために長期滞在には不向きです。

補償限度額があまり高額で無いことがあるため、重い病気や怪我の場合は保険だけで賄い切れない恐れがあります。

クレジットカード2枚あると補償限度額が合計となりますが、傷害死亡または後遺障害の場合はどちらか補償限度額の多いほうとなることがあります。


このページの先頭へ