クレジットカードで破産しないために注意すること

クレジットカードを利用する際に心配なのが、使いすぎてしまいクレジットカード破産してしまうということです。では、どうすればこうした事態を避けることができるのでしょうか。今日はそのために注意するべきことを記します。

破産しないためにできることの一つがリボ払いをしないということです。リボ払いとはどのような支払いを意味するのでしょうか。リボ払いとはカードの利用額に関わらず、毎月一定の金額だけを返済するというものです。ですので、毎月の返済額は一定のため、返済の負担が軽くなったように感じます。

しかし、リボ払いにはデメリットが潜んでいます。その一つ目は金利が高いということです。大体、多くのクレジットカード会社は年率15%ぐらいに設定しています。カードの返済残高に金利がつくので、毎月返済していてもなかなか減らないということになります。

また、毎月の返済額が一定のため、実際にカードを利用して借金をしているという意識が薄くなるという危険もあります。普通ならカードを使いすぎてしまった際には、翌月の返済額を見て気づくものですが、リボ払いはそうではありません。返済額が一定のため気づかないまま、返済残高だけが増えてしまうのです。


このページの先頭へ