クレジットカードが届いたらまずサインを

クレジットカードに申し込みし手元に届いたときに必要なのがサインです。

クレジットカードの表面にはカード番号や会員氏名、有効期限の記載があります。

裏面には署名欄があり、この欄にサインしておきます。

サインは英語でなくても日本語で構わないです。

かえって日本語のほうが不正にマネされるリスクが低くなります。

加盟店でクレジットカード払いする際にサインが求められます。

店員さんはこの時のサインとクレジットカード裏面にあるサインと見比べています。

もし別人が何らかの方法で不正入手し、カード会員になりすましてショッピングしようとしても明らかに筆跡が違うために不正利用の防止ができます。

もしサインせずに紛失した場合、盗難補償が受けられないことがあります。

拾った者がクレジットカード裏面にサインされると、加盟店の店員さんは会員のサインであると思ってしまいます。

不正利用されると後で高額な請求書が届きかねないです。

加盟店によっては4ケタの暗証番号でクレジットカード払いできることがありますが、やはり事前にサインしておいたほうが安心です。

ネットショッピングではクレジットカードの裏面に書いたサインの確認ができないです。

その代わりにセキュリティコードで本人かどうか判断しています。

セキュリティコードはクレジットカードの裏面にある3桁の番号です。

安心してネットショッピングでもクレジットカード払いできますが、セキュリティコードまで漏れてしまうと不正利用のリスクが高まります。


このページの先頭へ